FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2か月振りのJISQ勉強会。

昨日はコンサルタントの中村さんに、JISQ9100導入ガイド
『品質マネジメント8原則、航空業界の特徴、ブロセスアプローチ、KPI、規格解釈重点』という議題で
講習をしていただきました。

先月は、ISO推進メンバーが業務多忙で、1か月遅らせての開催です。

内容はというと、・・・。
まずは・・・。
品質マネジメントの8原則
1、顧客重視から始まり、2、リーダーシップ、3、人々の参画、4、プロセスアプローチと続き、
~8、供給者との互恵関係です。

プロセスアプローチって何だっけ? JISQは言葉が難しいので、取っつきにくいです。
でも日本語に置き換えられない言葉は覚えるしかないそうです。

そしてJISQで一番大事なのは、品質と納期を守る事だそうです。
これはJISQでなくてもそうですよね。



ホワイトボードに書かれた内容は、・・・こんな感じです。

うちのは印刷機能が付いてないので、デジカメで写真を撮っておきます。


講義中は一癖も二癖もあるメンバーがとてもおとなしかったです。
皆さん、頑張りましょう!!
スポンサーサイト

福田計器さん工場見学。

 3月4日、この日は午後から熊谷市にある福田計器株式会社さんに工場見学に行って来ました。
元々、福田計器さんの福田社長とは、社長が知り合いであるため、同業でありながらも見学を快く
引き受けていただきました。現在、ISOや5Sを実践していく上で、色々と問題が発生しているため、
色々と学習していこうと思います。

参加者は社長、岩崎(加工)、行元(検査、ISO内部監査員)、大野(組立て、5Sリーダー)と菊池の5名です。
午後1時に会社を出て、午後3時にやっと到着。車で片道約2時間、50キロの長旅でした。

応接室でお話を伺った後、工場の中を見せていただきました。
工場内は広く、整理整頓もされていて、板金業にありがちな金属粉のようなものもありません。

板材は壁際の4列に置かれていますが、その前には何も置かれていないので、
取り出し易いです。

また、(当然の事ながら)製品の直置きはせず、基本的に台車に乗せ、工程間を移動させています。
その部材の上には、板材をⅬ字に曲げた【検査済品】、【ボス待ち】などの識別表示がありました。
表示をすることにより、判らない状態で置かれている物はないですね。

福田社長によると、
・原則として注文が入った数だけしか作らない。
・仕事は通常、定時で終わらせ、仕事が終わってから掃除を行っている。
との事です。

福田計器さんはリピート品が7~8割を占めるという事で、1品物が多い弊社とは違いますが、
利用出来るところから利用させていただこうと思います。

福田計器さん、この度はありがとうございました。







今日は特別教育。

1月30日、この日は外部より出張講習をお願いし、社内で『自由研削といし取替え試運転作業者特別教育』を行いました。

弊社は板金加工、溶接作業、研磨作業および組立て作業とワンストップ化を進めて来ている会社なので、
必要な資格や受講するべき教育類が多くなります。

当初はこの教育は必要ない教育だと思っていたのですが、内容を調べると・・・
グラインダー作業を行うのに必要な教育ということが判りました。

社内でグラインダーを扱う人をピックアップすると、何と18人もいました(汗)。
何とか短期間に全員に教育を受けてもらえる方法はないものか、考えていたところ、
安全衛生マネジメント協会さんで出張講習を行っていることを知りました。

費用的にもかなり割安だし、18人が1日で教育を受けられるということで、
受講することにしました。

R0021457.jpg
                  第三工場 2Fにて


講師は柴崎さんです。
わたしはグラインダを使用しないので、教育は受けませんでしたが、
進捗確認と皆さんがしっかりと勉強しているか確認するため、
チョロチョロと出入りしましたが、とても丁寧に教えていただいてました。
ありがとうございました。

JISQ9100取得へ向けてスタートしました。

初めまして、ステンレスアート共栄でISOを担当している菊池です。

弊社において、航空宇宙関連のISO規格であるJISQ9100の取得へ向けて
スタートしたのに合わせて(遅れてますが)、ブログを始めました。
今後、定期的にJISQ9100や社内の話題についての記事をupしていきますので、
よろしくお願いいたします。

JISQ9100のキックオフは'15年12月23日、コンサルタントの中村さんを招いて行いました。

ISO9001も取得していない弊社としては、しっかりとした計画を建てるところから始まります。
(今回はISO9001とJISQ9100の同時取得を目指しています)

そして、
・整理整頓・・・・・
・識別・・・・・・・・・
・工場をきれいにする
 
 言われることは極々普通のことなのですが、航空・宇宙のJISQ9100となると、
そのレベルは非常に高く、皆さん、カルチャーショック気味でした。


R0021327.jpg
出席者は社長、専務、工場長、橋本、川端、吉澤、行元、武田、後藤、花田、菊池です。


今後は月1回の定例会とマニュアルの作成などの課題(汗)が・・・。
それでは。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。