FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5S・FOD活動始めました。

6月に入って、新たな5S・FOD活動を始めました。


以前から5S・FOD活動はやっていたのですが、
会社を移転して停滞気味になっていたので、メンバーを一新し、
再スタートを切りました。


メンバーは社長、技術部長と後藤(一)です。

ルールは以前と同様、5S・FODメンバーが見廻り、問題点を指摘し、
次回(1週間後)までに担当者が直すという一般的なやり方ですが、
社長が見廻るだけに改善が早いです。




見廻り風景①
R0028282.jpg

見廻り風景②
R0028283.jpg

見廻り風景③
R0028280.jpg
ちょっと怪しいですが、指摘場所の写真を撮っています。
指摘した項目の写真を撮り、片付け担当者、指摘内容を記入し、
貼り出します。

指摘・チェック項目
R0028279.jpg
これだけでも53項目が指摘されました💦。

一通り指摘されたところで、その内容を5S・FOD片付けマニュアルとしてまとめ、
片付けの基準となるものを作りたいと思います。





スポンサーサイト

JIS Q 9100 2016年度版の認証書が届きました。(プラス花壇に木々が植わりました。)

BSKからJIS Q 9100 2016年度版の認証書が届きました。


JIS Q9100:2016&JIS Q9001:2015(ISO9001:2015)

JIS Q9001:2015(ISO9001:2015)の認証書です。

(認証範囲:航空機内装品の板金部品加工)

早速、前回の認証書と入れ替えました。

R0028232.jpg




それと花壇にが植わりました。

花壇自体は前からあったのですが、

昨日(6月5日)、花壇に木と草を植えてもらいました。

R0028235.jpg

こちらは向かって左側の花壇です。
R0028246.jpg

こちらは右側の花壇です。
R0028242.jpg

弊社にお越しの際は、花壇に目をやって下さい。

おそらく、1年も経てば、綺麗な花壇になっていることでしょう!


JIS Q 9100 の2016年度版への移行が完了しました。

2018年4月11日から13日にかけて行われたJIS Q 9100 の2016年度版への移行審査(第1回サーベイランス
審査兼変更審査)の結果が届きました。



合格です。

是正処置の処理もおこなったので、大丈夫だとは思っていましたが、
結果が届くまでは安心出来ませんからね・・・。

2009年6月にJIS Q 9100の認定をとってから、ほとんど間が無く、
2016年度版のマニュアル作成が始まり、また、会社の移転があり
十分な取り組み(5S活動や定期的な勉強会)が行なえていなかったので、
これから実施して行きたいと思います。


これからも有限会社ステンレスアート共栄が、お客様の満足する製品を
作り続けられる会社であるように頑張りたいと思います。





20180528092507_00001.jpg

新工場に移転準備中です。

お久しぶりです。
しばらく間が空いてしまいました。

今回、ご紹介する写真は2月5日に撮ったものですが、写真ファイルを保存していた
パソコンが壊れてしまい、ご紹介が遅れてしまいました(笑)。


今は機械類の運び入れも完了し、もっとごじゃごじゃしています。


近日中にまた写真を撮って、ご紹介しますね。


それとJISQ 9100の2016年度版への移行の日程も4月9日からと決まりました。




R0028035.jpg
写真1  CAD室からの風景

R0028038.jpg
写真2  工場裏側から

R0028037.jpg
写真3  2階階段付近から

R0028034.jpg
写真4  2階 商談スペース

R0028033.jpg
写真5  わたしの席と新しくしたパソコン

JISQ 9100 & ISO9001の認証書です。

BSKから認証書が届きました。

JIS Q9100:2009&JIS Q9001:2008(ISO9001:2008)と
JIS Q9001:2008(ISO9001:2008)の認証書です。

この他にも英文の認証書が来ました。
初回承認日が2017年6月16日。

これでやっとJIS Q9100を取得したという実感が沸いて来ました。


JISQ9100 BSK4
JISQ9100 BSK3
JISQ9100 BSK2
JISQ9100 BSK1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。